大阪で店舗工事ならRug Design -ラグデザイン- へ デザインから設計・施工まで

LOGO

TEL

TOPTOP流れ流れ施工例施工例建築基準法建築基準法質問質問会社案内会社案内お問い合わせお問い合わせ

タイトル

飲食店の内装工事において特に注意する必要があるのが、建築基準法です。
このページでは、深雑な建築基準法の要点をピックアップして簡単に解説しています。

内装制限について

飲食業の内装等で制約はありますか?

大抵の事は可能ですが、ビル等の賃貸テナントでは、燃える材料等(例:壁に木を貼る等)は、利用する事が出来ません。テナントビル自体に内装に関してルール(使用不可の内装材・不燃性クロスの利用・下地の不燃処理等)が存在します。

また飲食ビル等の複合商業施設には、ビル自体の防災は管理部門が独自に設置され管理業務を行っています。

路面店等に関しても、不燃材の使用等、相違ありませんが、テナントオーナー様や仲介の不動産業者に事前に確認する必要があります。

用途変更について

用途変更は、どの程度が可能でしょうか?

築30年以上経過した商業ビル等では、図面が無くても用途変更が可能ですが、改めて構造計算と配筋計算を一級建築士に依頼する必要があります。このコストは、かなり高額になると予想されます。
一級建築士に依頼し今後の流れが決定します。一級建築士が確認後、場合によっては図面を書き直す必要も生じます。また図面がない場合は、かなり古い建築物等では用途変更できない可能性があります。

事務所やその他店舗で利用されていた居抜き物件を飲食店に用途変更する場合は、電気・ガス等の容量をチェックし、状況によっては、容量UPする必要もあります。
ただオフィス事務所の居抜き物件は、元々の設備がないので、新たに設備投資が必要になります。また、オフィスビルやマンションの1階で飲食店禁止というケースもありますので、注意が必要です

自動ドアセンサーについて

自動ドアを設置する場合は、ドアセンサーは強制でしょうか?

タッチ式センサーも等も存在しますので強制という訳ではありません。
センサー式の場合、ゴミや自然風で勝手に開くこともありますので、最近の主流はタッチ式が多いです。

消防法について

消防法について注意するポイントを教えてください。

特に注意するポイントは、防災関係と排気関係です。
飲食店の場合は、特にこの点が重要になりますが、実際には、内装業者が全ての基準項目をクリアして施工し最終的にオープン前にチェックを受けます。また防災面では、商業ビルの場合、内装を不燃材を利用する等の制限事項が存在する場合があります。

排気においては、厨房の換気ダクト等、排気をどこに出すのかが、ポイントとなります。
飲食店街の場合は、「匂い」が問題になることは、あまりありませんが、住宅街やマンションの1階だの場合、排気を屋上にして欲しい等の要望が出る場合があります。 この場合、屋上への排気工事だけでも150-200万円が必要になります。

通常は、排気ダクトを壁から出して少し上方向に出すか、立ち上げて屋上に持って行くか、又は立ち上げて横に振ること等で解決しますが、「匂い」の場合は、近隣から苦情が入ると地元の自治体より指導があり、対応が不十分だと最悪、営業停止という場合もありますので特に注意が必要です。

排気については、契約前に仲介の不動産屋やテナントオーナーに確認しておく必要があります。

保健所について

保健所への申請は代行してもらえるのでしょうか?

保健所のチェック、衛生面などの対応は、店舗オーナー様が直接行う必要があります。
ご自信で必要書類に記入し保健所の事前チェックを受けます。

グリストラップについて

飲食店開業の場合はグリストラップは必須でしょうか?

どの様な飲食店においてもグリストラップを設置する事をお勧め致します。保健所は、油を使わない飲食店でも設置する様に指導していますし、油を利用する店舗においては、設置が強制ですから未設置の場合は、保健所の許可がおりません。

保健所に図面を持って行くと最初の段階でグリストラップが未設置の場合、なぜ設置していないのかを問われます。油を利用する店舗以外でも例えば珈琲粉でも管に詰まる恐れがありますので、粉系を使用する店舗も設置を強くお勧め致します。

またグリストラップには、単純にゴミを取る効果もありますので、設置しておいた方が、ゴミの詰まり等のアフターメンテナンス等の面でも安全で安心です。

内装工事の会計処理について

内装工事の費用は、減価償却できるのでしょうか?

基本的には、一時的な損金(経費)としては認められませんので内装工事の費用は、減価償却として、毎年の損金(経費)になります。
消費税の減免や税金の納付額が数百万円単位で変わる事もあるので税理士さんに相談する事をお勧め致します。
毎月の費用は必要となりますが、税理士さんは、資金繰りや節税方法、また問題点や適切な利益が出ているか等もアドバイスしてもらえますので、ご利用される事をお勧め致します。

飲食店の許可申請時について

申請に必要な基準を教えて下さい。

  • 1. 住居区域と区分する
  • 2. 不潔な場所でない
  • 3. 天井は隙間がなく清掃が容易な構造
  • 4. 内側壁は床面から1.2m以上の高さまで耐水性材料で造られている
  • 5. 明るさは100LX(ルクス)以上である
  • 6. 床は耐水性材料で排水が良好である
  • 7. 排水溝は耐水性材料で清掃が容易である
  • 8. ねずみや昆虫等のの侵入を防止する設備を設置する
  • 9. フード付き換気扇を火気・蒸気に関係する場所に設置されている
  • 10. 窓は網戸、排水溝には金網等を設置する
  • 11. 食器戸棚・製品戸棚などは衛生的に保管が可能な構造
  • 12. 調理場と便所に専用の手洗い場を設置する(流水式で消毒薬品の常備)
  • 13. 衛生的な便所を設置する

等々ございますが、店舗の業種により基準も異なりますので、事前にご相談下さい。

menu
toptop
依頼依頼
施工施工
パースパース
設備設備
質問質問
問合せ問合せ

業者業者

紹介紹介

募集募集

豆知識
法規法規
内装内装
用途用途
自動ドア自動ドア
消防法消防法
保健所保健所
グリストラップグリストラップ
会計会計
許可許可

facebookfacebook

資料請求資料請求

berryberry

住所